日本の滝


 地元 広島県の滝 のページをアクセスMAP及び評価付きで独立させました。 訪問の参考にしてください。


NEW
2018/12/5  兵庫県 竜ヶ滝・白糸の滝等23滝を追加
2018/11/22  福岡県 納又滝等8滝を追加
2018/11/22  熊本県 秘境七滝等3滝を追加
2018/11/22  大分県 権現の滝等9滝を追加
2018/11/5  鳥取県 中津夫婦滝を追加


LIST  地図   LIST  地図
北海道 20 北海道 20 近畿
319 三重 75
東北 121 青森 10 滋賀 7
岩手 19 京都 7
宮城 11 大阪 1
秋田 46 兵庫 146
山形 15 奈良 56
福島 19 和歌山 27
関東 66 茨城 3 中国 1030 鳥取
110
栃木 24 島根 175
群馬 19 岡山 272
埼玉 5 広島 366
千葉 0 山口 107
東京 4 四国 239 徳島 83
神奈川 10 香川 17
中部 200 新潟 13 愛媛 81
富山 21 高知 58
石川 17 九州
242 福岡 19
福井 9 佐賀 3
山梨 27 長崎 12
長野 41 熊本 54
岐阜 35 大分 67
静岡 31 宮崎 38
愛知 6 鹿児島 46
        沖縄 3
               
            合計 2,237
海外     9          
 ※ 数字は訪瀑数





NOTE

 記憶   (滝の評価とするのはおこがましいので、個人的な記憶の記載にとどめます)
A 感動したという記憶が残っている
B 良い滝だったという記憶がある
C ちゃんと覚えている
D 記憶があいまい。コメントを読めば記憶がよみがえる
E コメントと写真を見ればなんとなく思い出す。記憶が残って無い。


 訪瀑数カウントルール
1. ○○滝(○○瀑)という滝の名前1つについて1カウントします
無名滝はカウントしません
2. 同じ滝への再訪はカウントしません  
3. 遠望でも一部でも落水を肉眼で確認できた滝は全てカウントします  
4. 人工の滝・枯滝でも、「○○滝(瀑)」という名前が付いていればカウントします 井倉の滝など
5. 代表の滝名があったとしても、各滝に雄滝・雌滝、大滝・小滝等の個別の名前が付いていれば、それぞれカウントします 震動の滝は雄滝・雌滝・子滝・孫滝の4本
6. 連瀑でも一の滝・二の滝など個別の名前が付いていれば、それぞれカウントします 双門は一の滝・二の滝・三の滝・大滝の4本
7. 但し、〇〇滝(〇〇谷)の上の滝・下の滝、右俣滝・左俣滝、前衛滝・脇滝等の呼称は滝名とはみなさず、滝群として全体で1つだけカウントします F1・F2・・・も同様に全体で1カウントのみ
8. ○○渕(淵)など滝(瀑)以外の名称が付いていて滝形状のものは、個別の落差が1.5m以上あれば滝とみなし、カウントします にこ淵、竜門、魚切など
9. 滝名の有無が不明瞭な場合、複数のサイトで同じ名前で扱われていれば滝名有としてカウントし、不明な場合は()表記して、カウントはしません  



 滝写真集 ”飛沫” ・ ”滝(GANREF)” 


  2012年5月、「日本の滝百選」全滝歴訪完了
  2012年5月、1000滝歴訪達成
  2018年1月、2000滝歴訪達成
  2018年8月、中国地方1000滝歴訪達成

日本には素晴らしい滝がまだまだたくさん。今もそんな滝に出合う機会をうかがっています。