2015/08/12
 マイナスイオンと言わないで!
 
今日テレビを見ていたら、滝のロケで 
「マイナスイオンいっぱいで気持ちがいい」 などとまた言っていた。 

実は今年、テレビの滝のロケのときに、自分もキャスターさんから同じことを言われたことがある。 
いまだに<マイナスイオン>という言葉は世の中にはびこっているのだ。 

いまさらだけど 
<マイナスイオン>という言葉は科学用語ではない 
テレビ番組と家電メーカーが言い出した造語なのだ。 
まるでそれが科学であるように聞こえるのがどうしても許せない
仮に百歩譲って、マイナスイオンを「負の大気イオン」だと仮定したとしても
滝の周りの空気にあるのは極々微量であるし、それが気持ちが良いとか身体に良いなんていうのは想像の世界

滝のそばが気持ちがいいのは、水飛沫の気化熱で涼しくなるからだ


家電メーカーは不況のときにブームに乗っかってマイナスイオンドライヤーなるものを売り出した。
しかしそのマイナスイオンドライヤーというのは正しく言うと、髪をといたときの静電気を除去するもの
言うなれば「静電除去装置付きドライヤー」だ。
静電除去の効果をあたかもマイナスイオンと呼ばれるもののおかげだとして大ヒットした。
(しかし実際は、そこからオゾンが発生しているかもしれないので、本当に身体に良いかどうか・・・)

家電メーカーはブームに乗っかって一時期なんでもかんでもマイナスイオンをうたって売っていたけど、
バッシングに合ってからは最近はあまりマイナスイオンとは言わなくなってきた。 
それで今は「プラズマクラスター」とか「ナノイー」とかいって別の説明をしている
それもはっきり言って造語なので何のことなのか僕は良くわからないが・・・



世の中には「とんでも科学」なるものがある 
いかにも科学のように説明するけど、理論はめちゃくちゃなやつ 
本もたくさん出ている 
身近な例では
「遠赤外線効果」・・・セラミックを身につけると肩こりが治る、食べ物が長持ちする」
「白金作用」・・・白金の触媒作用で皮膚の酸化を抑える
「デトックス」・・・足から体内の毒を排出する
「ゲルマニウム」・・・
電子が放出されて肌に張りが出る
「トルマリン」・・・マイナスイオンを発生させる・遠赤外線を発生させる
「コラーゲン食品・化粧品」・・・皮膚の張りや関節の痛みを改善する
「飲むヒアルロン酸」・・・肌の保湿効果・関節の痛み改善等
「活性水素水」・・・料理が美味しくなる・肌がすべすべになる等
他にもたくさんある

僕はこの手のやつが大嫌いだ 
平気な顔をしてその効果をうたって 僕の会社に商品を売りに来るやつがこれまで何人もいた 
担当が判断できず相談に来るのだが、僕がその都度追い返したのは言うまでもない 
オカルトなのだから・・・・

ただし人への効果を間接的に取り上げると、信じるものは救われるというが、人は信じることで精神的に免疫力が上がったりするから不思議な生き物だ。
ある宗教を崇拝することで癌で余命3ヶ月といわれてから何年も生きたという例を僕は知っている。



  マイナスイオンとはそのとんでも科学のひとつなのですよ!
  まぁ信じるものは救われますが・・・




それなのに、今でもテレビで滝については「マイナスイオンいっぱい!」とかいっている 
本当に勘弁して欲しい 

せめてフィトンチッドを「森の精」というように、滝のそばで気持ち良いのはマイナスイオンのおかげなどと言わずに
「水の精がいるから気持ちいい」とでも言ってくれ! 

それなら誰もが誤解しないから・・・




滝でのTVロケのときテレビキャスターが僕に向かって 
「マイナスイオンいっぱいですね」 と言ったとき、僕は 
「ん、マイナスイオンですか?あれはオカルトです」 と言った 
そうしたら、それがしっかり放送に採用されてテレビで流れた
「オカルト」という言葉が面白かったのか・・・・

でもオカルトなんだからしかたない
いやいや・・・・宗教と言うべきだったか・・・



次の広響の定期がますます楽しみになってきた